回遊式大庭園

依水苑

依水苑 依水苑
依水苑

背後の山を借景に滝を引き、離れや茶室を配した風雅な佇まいは、夜、ライトに照らし出される姿もまた趣深いものです。
広大な庭園をめぐる回廊を、ゆっくり散策していただけます。

依水苑

幽玄なる庭園は、
いにしえの面影を
今に物語る。

論語にちなんで命名された「依水苑(いすいえん)」は、かつての文人墨客も愛でた、純和風庭園。

離れ

三朝閣

依水苑

「三朝閣」は、徳川家第十六代当主、徳川家達公の命名。閑静な客室は、緑濃い庭園と見事な調和を見せています。戦後、昭和天皇二度目のご投宿の折に、以前を懐かしんで詠まれた歌ものこされています。
※現在修復中のためご覧いただけません。

茶室

扶桑庵

依水苑

庭園の中央に佇む茅葺屋根の茶室。昭和初期 京都の茶室大工:木村清兵衛によって建てられました。昭和の代表的な茶人である小林一三、土橋嘉兵衛、川喜田半泥子、畠山即翁など。「扶桑庵」の銘々は江戸千家 家元の川上不白。
※現在修復中のためご覧いただけません。

静寂に息づく緑が、
昔の面影を今に伝えています。

依水苑
依水苑