山陰 三朝温泉

歴史

ししたしきはうす紅の合歓の花~斉藤茂吉~

ししたしきはうす紅の
合歓の花
~斉藤茂吉~

昭和二十五年、当館の庭園で撮影された写真。後列左から二人目が斎藤茂吉、当時の女将と従業員との一枚

昭和二十五年、当館の庭園で撮影された写真。後列左から二人目が斎藤茂吉、当時の女将と従業員との一枚

ししたしきは うす紅の 合歓の花
むらがり匂う 足袋のやどりに

当時、庭園にあった合歓(ねむ)の木を詠んだ歌。

合歓は山地や川岸などに生え、初夏に枝先に花をつける。
今も三朝の近く波関峠周辺でも多く見られる。

この歌の直筆ほか、女将宛に届いた茂吉からの葉書は今も大切に保管されている。

斎藤 茂吉(1882〜1953)

歌人・医師。山形の生まれ。伊藤左千夫に師事、歌誌「アララギ」同人、歌集「赤光」によりアララギ派の代表的歌人となる。実相観入による写生説を唱えた。

合歓(ねむ)の木

合歓(ねむ)の木

斎藤 茂吉 直筆

斎藤 茂吉 直筆