公式ブログ依山楼岩崎だより

  • 月別に見る

  • LINEで送る

2010年10月03日

【創業90周年】その3,岩崎で誕生した三朝小唄~野口雨情~

600x400nogutiujojikihitu.jpg

画像は野口雨情の直筆「三朝小唄」

「三朝小唄」
  野口雨情作詞・中山普平作曲(昭和4年)
泣いて別れりゃ サイショ空までエー
ヨイトヨイトサノサ 曇る
曇りゃ三朝がよ ヤレ
三朝がよ 雨となるヨー
大瀬(おおぜ)ぼうきじゃ サイショ三朝がエー
ヨイトヨイトサノサ 見えぬ
三朝山陰(やまかげ)よ ヤレ
山陰よ 山の中ヨー
昭和二年八月二十日、三朝温泉を訪れた野口雨情、
岩崎旅館(依山楼岩崎)に着くやいなや、
旅装もとかず一杯のビールを傾けながら三朝小唄を即興的に作り上げたと伝わる。
雨情が作詞した三朝小唄は作曲家中山晋平が作曲し、
振付け師島田豊が踊りの振り付けを担当し完成。
昭和四年には三朝温泉を舞台に繰り広げられる無声映画「三朝小唄」が
マキノプロダクションの制作により全国封切された。
当時、当館の庭園や離れなどが舞台となりました。
nogutiujo.jpg
野口雨情(1882~1945)
大正~昭和にかけて民謡、童謡の普及に尽力。
代表作は「七つの子」「赤い靴」「青い目の人形」
「雨降りお月」「兎のダンス」」「しゃぼん玉」など多数。
【創業90周年】その4につづく

eigamisasakouta.jpg
マキノプロダクション製作映画「三朝小唄」

【創業90周年】記念宿泊プランを見る終了

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別に見る

  • 月別に見る

PAGETOP

空室検索 Reservation

ご予約 0858-43-0111 受付時間:9:00~19:00

宿泊日

ご利用人数

食事タイプ

 ご予算